top of page
Shoji Taniguchi.com logotype

Cinema Review

ザ・スーサイド・スクワッド "極" 悪党、集結 | The Suicide Squad (2021)



4.4/5.0

世間的にあまり評価が芳しくなかった同タイトルの最初の実写映画作品の、ある意味リブートでもありつつ続篇として解釈することもできる形で物語が成立しており、かつDCが展開している (正確にはしていた) シネマティックユニバースの一篇でもあるという、かなり独特な立ち位置にある映画。


個人的にそのキャリア初期からファンのジェームズ・ガンが監督するということで期待していたが、その期待を裏切らない展開が冒頭からあり、相変わらずめちゃくちゃ過ぎて流石だなと一気にのめり込んで鑑賞できた。

ほぼ全篇を通して乱発されるジョークのほとんどがブラックかつ下品なので、クリーンで上品な作品だけを好む人には全く合わないだろうけれど、そこは監督の持ち味だし相性の問題なので仕方ないかなと思う。


マーゴット・ロビーやイドリス・エルバを中心とする、主要登場人物を演じる俳優達の複雑性を含んだ役作りが素晴らしく、脚本にもそれぞれの人物のキャラクターアークがきちんと組み込まれていて、他のスーパーヒーロー / スーパーヴィラン映画とは一線を画すレベルになっていると感じた。

特にジョン・シナが演じるサイコパス的なキャラクターには強く惹きつけられた。同キャラクターを主人公にしたスピンオフドラマが作られ、それがこの映画作品にも負けないほど高い評価を得ていることにも納得できる。


ジェームズ・ガン監督作品のほとんどに通底するものとして、社会生活不適合なはみ出しもの達がどのように社会や他者との折り合いをつけていくのかというテーマ性があるが、この作品においてもやはりその部分が物語を進める脚本の軸になっていた。

そういう不器用な人々への監督の愛が感じられて、その人情味溢れる物語性とド派手で狂った演出を両立させる絶妙なバランス感覚が、ジェームズ・ガンという創作者の強烈で唯一無二の才能なのだろうと思う。

Comments


Commenting has been turned off.

最近の記事

Shoji Taniguchi profile photo

Auther:

Shoji Taniguchi | 谷口 昇司

Creative Director

  • LinkedIn
  • Facebook
  • YouTube
  • X
  • Instagram

美術大学にて映像を中心に学び

現在はマーケティング業界で働き中

映画やドラマを観ている時間が幸せ