top of page
Shoji Taniguchi.com logotype

Cinema Review

ザ・フラッシュ | The Flash (2023)



4.0/5.0

DC映画シリーズのひとつで、同シリーズのヒーローのひとり、超高速で移動できるフラッシュを主人公とする作品。


不幸な事件に巻き込まれた両親を救い出すため、超高速の先にある光速を越えることで時間を自由に行き来する能力を得たフラッシュが、過去へ戻って奮闘する。

劇中でも登場人物達の台詞で出てくる通り、名作タイムトラベルSFの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に近しい設定ながら、DCの過去作品で描かれた事件や重要な登場人物が登場し、物語にも大きく関わってくるため、DC映画作品を全て鑑賞してきた自分にとってはとても面白く感じられた。

(DCファンであればあるほど驚くであろうキャラクター達が登場するが、ここには書かない)


主演のエズラ・ミラーは、過去の自分と未来からきた自分を演じ分けており、同一人物ながら辿ってきた道が違うゆえに性格に差が出るといった部分の演じ分けがすごく上手で、稀有な才能を持つ素晴らしい俳優のひとりだと再確認した。

DCヒーローの中ではかなり軽薄でふざけたキャラの役割を担ってきたフラッシュにも、他のヒーロー達に混じったアンサンブルの中ではなかなか見えない様々な感情と表情があることを見ることができて、スーパーヒーローと悪役が派手に闘うだけではない演出の繊細さが確かにある。

終盤において主人公がある辛い決断をする時の表情や、そのシーンの優しく哀しい描かれ方の演出には感動した。

エズラ・ミラーは私生活が乱れまくっていてキャリアにも少なからず影響が出てしまっているようで、すごくもったいない。

完璧で品行方正な人間である必要はないと思うけれど、そのキャリアに自ら傷をつけるようなことはせず、これからもますます活躍してほしい。


映画作品の根幹部分の評価とは分けて見るべきとは思うけれど、実写と区別がつかないほどのあらゆるリアルな映像がVFXで作れるようになったともいえる昨今にしては、えっと思うほどVFXの精度が低いシーンが全篇を通して多くあり、どうしてこうなったんだろうと単純に疑問に思ってしまった。

時間が十分になかったのか、予算が尽きてしまったのか、その両方か…

観客の目が肥えてしまった時代における製作者達側の苦労を想像してしまった。

Comments


Commenting has been turned off.

最近の記事

Shoji Taniguchi profile photo

Auther:

Shoji Taniguchi | 谷口 昇司

Creative Director

  • LinkedIn
  • Facebook
  • YouTube
  • X
  • Instagram

美術大学にて映像を中心に学び

現在はマーケティング業界で働き中

映画やドラマを観ている時間が幸せ