top of page
Shoji Taniguchi.com logotype

Cinema Review

The Witch / 魔女 | The Witch: Part 1. The Subversion (2018)



2.3/5.0

絵的な品質や基本的な演出が安定しているところに韓国映画界の基本レベルの高さを感じたが、これはちょっと脚本が勿体ぶらせ過ぎというか、子どもっぽいというか…


アクションパートの演出には見るべきところも多くあったが、それと同じぐらい過度に漫画的・中二的でダサい部分もあり、合わない人もいそう。今どきそんな昔のジャンプ漫画みたいな演出を俳優につけちゃうの? という気持ちになって少し引いてしまった。


悪役の俳優が終盤で物語の重要な部分を上機嫌モードで何分にも渡ってペラペラ喋るシーンがあり、大事なこと全部台詞で説明させちゃう系の監督か〜… その割に物語の骨格はずっとスッキリ見えてこないし… という感じでガッカリしてしまった。


主人公の俳優の演技力、特に個性的な眼の演技はすごく印象的で、大物になるのだろうなと思って少し調べたら、既に大物になっていた。魅力的な俳優なので、注目していきたい。

Comments


Commenting has been turned off.

最近の記事

Shoji Taniguchi profile photo

Auther:

Shoji Taniguchi | 谷口 昇司

Creative Director

  • LinkedIn
  • Facebook
  • YouTube
  • X
  • Instagram

美術大学にて映像を中心に学び

現在はマーケティング業界で働き中

映画やドラマを観ている時間が幸せ