top of page
Shoji Taniguchi.com logotype

Cinema Review

アンテベラム | Antebellum (2020)



3.9/5.0

アメリカという国家が未だ完全には乗り越え解決できていない人種差別問題について、その様々な種類の痛みも含めて描き出されていた作品だった。


物理的・肉体的な迫害のシーンは当然辛かったが、表面上はハッキリ見えずとも心理的に蔑まれていると気付くといったシーンの方が、自身の過去の体験が思い出されてより苦しい気持ちになった。


二つの物語が複層的に展開しながら、その二つが衝撃的に接続するシーンがあり、極めて映画的でドラマティックな演出に驚かされた。


強いメッセージ性を内包する脚本には、この映画のような強烈な跳躍があるものだなと感じた。

Comments


Commenting has been turned off.

最近の記事

Shoji Taniguchi profile photo

Auther:

Shoji Taniguchi | 谷口 昇司

Creative Director

  • LinkedIn
  • Facebook
  • YouTube
  • X
  • Instagram

美術大学にて映像を中心に学び

現在はマーケティング業界で働き中

映画やドラマを観ている時間が幸せ