top of page
Shoji Taniguchi.com logotype

Cinema Review

ガタカ | Gattaca (1997)



5.0/5.0

90年代末に公開された寓話的なSF映画だが、21世紀に入ってからの遺伝子工学の加速度的進化と、そのスピードに追いつけない人類の文化的・生物学的なモラルの進化の問題が予見的に描かれている。

そのテーマは古びないどころか、今後の私達にとってさらに重要なものとなっていくはず。


脚本の完成度の高さはもちろんのこと、俳優たちの抑制的だが熱を感じて惹き込まれる演技、マイケル・ナイマンによる至高ともいえる劇伴、いくつかの象徴的なシーンにおけるモチーフのレイアウト等、映画作品としてのレベルが極めて高い。

(特にあるシーンにおける暗喩的な美術のアイデアとその見せ方には驚かされた)


自身の人生とは何なのか、そこにどんな必然性と生きがいを見出すのか。

生まれ落ちた時から宿命が定められているならば、その定めに抗うことは無駄なのだろうか。


抗い乗り越えること、その過程で命を燃やすこと、その小さな歩みの積み重ねこそが人生なのだと、自分は受け取った。

Comments


Commenting has been turned off.

最近の記事

Shoji Taniguchi profile photo

Auther:

Shoji Taniguchi | 谷口 昇司

Creative Director

  • LinkedIn
  • Facebook
  • YouTube
  • X
  • Instagram

美術大学にて映像を中心に学び

現在はマーケティング業界で働き中

映画やドラマを観ている時間が幸せ