• zerry

何も無い休日

最終更新: 2019年5月8日


iPhone6とiPhone6 Plusへの興味はもちろんあるけど、 いま使っている5でもちょっと大きいと感じるぐらいなので、 (割と大きい方だと思う僕の手でも片手では操作できない) やっぱり買わないだろうなー、必要にかられない限り。 でもiTunesでレンタルした映画とかをスマホで観る時には楽しそう。 最近聴いてこれはいいなーと思ったバンドや曲たち。 最新の流行にはついていけていないと思うけど、もうね、気にしません。 アンダーソン / テスラは泣かない。

ラジオで流れていた彼らの曲を聴いて、

激しいピアノの入ったバンドサウンドって面白いなと思って アルバムを試しに買ってみたら、他の曲もとても良かったので好きになりました。 ほとんどの曲にピアノの印象的なリフレインがあって、かなり個性的だなと思います。 サカナクションみたいに一気にメジャーになったりするのかな。もう充分有名なのかな? ビビった / キュウソネコカミ

このバンドもインディーズでは結構前から有名だったようですが、最近初めて聴きました。 楽曲の構成力の高さやカッコ良さはもちろんですが、それより何よりどの曲も歌詞が印象的で、 とにかく全方位的に口が悪かったり、フルテンションで歌い上げているけど

内容がスカスカだったり、これはすごいバンドが出てきたものだと笑ってしまいました。 ビクターエンタテインメントからメジャーデビューしたアルバムの

1曲目がコレっていうところが、アホ過ぎるけど覚悟があって格好いいと思います。 歌詞も映像も最初から最後まで酷くて面白いけど、ビデオのいちばん最後がいちばん笑えます。 進水式 / KIRINJI

堀込兄弟の時代が終わって、

お兄さんが率いる6人編成のバンドとして再出発したキリンジ改めKIRINJI。 長年のファンだったので、天才兄弟が別々になるのはすごく寂しかったけれど、 新編成後の初のアルバムを買って聴いてみたら、ものすごく良くて感動しました。 特にアルバム1曲目に収録されているこの「進水式」は、ちょっと涙腺にきました。 お兄さんの高樹さんも、弟さんの泰行さんも、ずっとファンでいようと思います。

© 1998-2020 Shoji Taniguchi