top of page

Cinema Review

  • Writer's pictureShoji Taniguchi

マイセルフ | Self (2024)

Updated: Apr 3



4.0/5.0

木製のずんぐり体型の主人公が、金属製のスマート体型でベルのような音色によって対話する人々と親しくなりたくて… という寓話的な短篇。


テーマはとてもストレートに、コンプレックスとアイデンティティ、そしてルッキズム。

説教くさいと感じてしまう人もいるかもとも思ったが、とても美しくて哀しく、全ての生き物への愛と敬意があるピクサーらしい秀作だと自分は感じた。


主人公の人形の操演にあえて伝統的なストップモーション技法を再現して取り入れ、後半でそれが失われていかにもCG的な滑らかな動きになり、最後にまた自分本来のぎこちなくも愛らしい振る舞い (操演) を取り戻すという、細か過ぎるレベルのアニメーション技法の使い分けに感嘆した。


ピクサー作品の全てが傑作だとは思わないが、ピクサーはどの作品においてもこういった演出のディティルにまで映画やアニメーションの歴史と先人達への敬意が感じられて、その一貫したスタンスは本当に素晴らしい。

Comments


Commenting has been turned off.

おすすめ (殿堂入り)

webpage内検索

filmarks_logo.png
bottom of page